SNKホテルへ

翌日はかなり早く起きてしまいました。

お腹も減っていたので、すぐに朝食を食べたかったのですが、朝食は6時スタートとの事。

とりあえず、部屋でゴロゴロしながら過ごして、6時にはおそらく準備が完了していないだろうという予想のもと、6時半に食堂へ行きました。

しかし、甘かったです。

6時半でもまだ準備できていませんでした(笑)

しかたないので、部屋に戻って、パソコンでネットサーフィンをしてビエンチャンの風俗情報なども探していました。

ビエンチャンはこれまでレポートしてきた河口やタチレクと比べるとネット上の情報もかなり出ているので、安心して行動できました。

しかし、大きく感じたデメリットはレポートが2011~2013くらいのものばかりであるという事です。

ビエンチャンの風俗の状況はここ1~2年で大きく変わっているようです。

しっかりと最新の情報を確認してから行かないと、無駄足が増える可能性があると感じました。

そんな感じで1時間ほどネットサーフィンをしてから食堂に向かいました。

さすがにもう準備できているだろうと思っていましたが、まだ料理は半分くらいしか出てませんでした。

しかし、もうさすがに待てないので、出ている料理を中心に食事していきます。

本日は4階の食堂みたいな広々としたところが朝食会場でした。

本日も夜の対戦に向けて、肉を中心にがっつりと食べることにしました。

食事している間にやっと料理も出そろったので、一通りのメニューを食した後にコーヒーで一休みしました。

そうしていると、昨日の夜女の子を連れ込んでいる時にすれ違った中国人のおばさんたちが入ってきました。

向こうが自分と一緒のテーブルに座って、「あ、昨日連れ込んでた子やん~」みたいな感じで、自分の方を見てきたので、ちとこっぱずかしい気持ちになりました。

コーヒーをさっさと飲んで退散です。

本日はラオンダオ1ホテル宿泊の最終日です。

チェックアウトしたら、今日から2日間はSNKホテルに泊まることになります。

このホテルはかつて風俗の聖地として名をはせた「帝豪酒店」と置屋があることで有名な「ソクサイフォンホテル」から徒歩1~2分の所に位置しているホテルです。

ラオンダオ1ホテルからは結構距離があるのですが、昨日少し紹介したオケラカフェの近くにあるベトナム置屋を経由して、歩いて行ってみようと思いました。

とはいっても、まだ10時前で置屋には少し早いかなと思ったので、オケラカフェのすぐ近くにあるカフェ「Cafe Nomad」でいったん休憩です。

ここでちょっとパソコンをいじってネットサーフィンしながらコーヒーを飲んで休憩していました。

アイスコーヒー一杯で15,000キープくらいでした。

このカフェはめちゃめちゃWi-Fiが早いです。

ビエンチャンでYoutubeの動画をすいすい見れる環境は初めてです。

さすが、ノマドという名前を付けているだけはあります。

ちなみに、ノマドというのは今はやりの喫茶店とかで仕事をする人のことらしく。

ところで、このカフェでパソコンをいじっているとあきらかに乞食やんっていう感じのおばあさんが入ってきました。

店の女の子が寄って行って、「追い出すのかな~」と思ってみていたら、少しお金を渡してあげていました。

ラオスの娘は全体的に気質が優しいですね。

嫁にするなら、ラオスの子かなぁ(笑)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です